二つ折り財布メンズ価格表|グッチコピー二つ折財布 ハニーブラウン256336AKZ0N2722,二つ折り財布メンズどっちがいい 二つ折り財布メンズいくら Украине


2015-02-07 06:35    二つ折り財布メンズ
「結局、この程度のものか」  つまらなげに、口にする。  ユーダイクスにとって、興味のあるものとはヅカサ・イバのほかにない。そのための魔術決闘《フェーデ》も、ここに終わった。ゆえに、ほんのひとときの熱情は消えうせ、ユーダイクスの胸には、空虚《くうきょ》だけが残されていた。 「私の眼帯を透《す》かして、それでも呪力を視《み》たことは興味深いが——それもどうでもいい」  踵を《きびす》返す。 「あに……さま……」  ラピスの訴《うった》えは、鼓膜《こまく》を震《ふる》わせてはいでも、ユーダイクスの行動に何の影響《えいきょう》も与《あた》えない。  ただ、最初から言うつもりだったことを、そのとおりに口にした。 「早く起きろ。それ以上寝《ね》てるままなら、もう片方の目も抉って廃棄《はいき》する。私としては、その方が効率がいい」  ユーダイクスにとっては、ごく当たり前のこと。  ラピスにとっては、単なる日常。  だから、思ったのだ。 (どうやっても、届かない。) 「…………」  涙《なみだ》のように血を流す左の眼孔《がんこう》を押さえ、ラピスは両膝《りょうひざ》に力をこめる。激痛と出血多量ではほならぬ足元を固定し、急速に体温の下がっていく身体《からだ》を抱いて、ユーダイクスへと歩み寄る。  残った目はうつろ。