プラダ 長財布 新作どんな|prada バッグ|買ってプラダ 長財布 新作贈り物_プラダ 長財布 新作スターの製品 Украине


2015-02-06 02:08    プラダ 長財布 新作
「釈放されたらどうする」 「飛行機に乗っておさらばだ」 「そうかな。化け物狩りにまたでていくのじゃないのか」  林は首をふった。 「今さらどうにもならん」 「契約を途中で放棄するのか」 「もうクライアントの望んだ結果はでんさ」  牧原は頷《うなず》き、煙草を消した。 「待ってろ」  本部に戻り、剣持に話した。剣持はにべもなくいった。 「不可能だ」 「だがそれがいちばん早い」 「いったい何の役に立つ?」 「N5だ」  牧原はいった。剣持の顔がこわばった。 「N5——」 「N1、N2、N4には人間関係があった。しかし恵比寿のN3はその三名とは無関係な人間だ。N3と、あとひとり残っているN5が人間関係をもっていた確率は高い。N3の身許は割れたのか」  剣持はあたりを見回し、いった。