收藏

コーチ財布メンズ二つ折り編集

(コーチ) COACH コーチ 財布 メンズ アウトレット COACH F74741 SKHBR ヘリテージ シグネチャー コイン ウォレット 2つ折り財布 カーキ/ブラウン[並行輸入品]
__9,80000
(コーチ) COACH コーチ 財布 メンズ アウトレット COACH F74741 SKHBR ヘリテージ シグネチャー コイン ウォレット 2つ折り財布 カーキ/ブラウン[並行輸入品] 
(コーチ)COACH メンズ二つ折り長財布 [シグネチャー エンボスド ブレスト ポケット ウォレット] F74525 BLK ブラック 並行輸入品
__19,40000
(コーチ)COACH メンズ二つ折り長財布 [シグネチャー エンボスド ブレスト ポケット ウォレット] F74525 BLK ブラック 並行輸入品 
[コーチ] COACH 財布(二つ折り財布) F74740 チャコール×ブラック ヘリテージ シグネチャー ストライプ ID コイン ウォレット メンズ [アウトレット品] [ブランド] [並行輸入品]
__14,58000
[コーチ] COACH 財布(二つ折り財布) F74740 チャコール×ブラック ヘリテージ シグネチャー ストライプ ID コイン ウォレット メンズ [アウトレット品] [ブランド] [並行輸入品] 
[コーチ] COACH 財布(二つ折り財布) F74531 ブラウン シグネチャー エンボスド レザー コイン ウォレット メンズ [アウトレット品] [ブランド] [並行輸入品]
__11,80000
[コーチ] COACH 財布(二つ折り財布) F74531 ブラウン シグネチャー エンボスド レザー コイン ウォレット メンズ [アウトレット品] [ブランド] [並行輸入品] 
[コーチ] COACH 財布(二つ折り財布) F74696 グレー×マルチカラー キャムデン タッターソール スリム ビルフォールド ウォレット メンズ [アウトレット品] [ブランド] [並行輸入品]
__18,80000
[コーチ] COACH 財布(二つ折り財布) F74696 グレー×マルチカラー キャムデン タッターソール スリム ビルフォールド ウォレット メンズ [アウトレット品] [ブランド] [並行輸入品] 
[コーチ]コーチ 財布 COACH 財布 《コーチ サイフ》 メンズ 二つ折り財布 ブラック レザー f74181blk アウトレット 平行輸入品
__24,99900
[コーチ]コーチ 財布 COACH 財布 《コーチ サイフ》 メンズ 二つ折り財布 ブラック レザー f74181blk アウトレット 平行輸入品 
 ハコボ・アルベンス・グスマンにひきいられるグアテマラ革命党(PRG)が合法的な投票の下で政権をとったのは一九五〇年であった。アルベンスがまず目指したのは、農地改革である。一九五二年六月、アルべンスは農地改革法に署名した。それまで、グアテマラの農地の七〇パーセントは、五十家族と一会社、つまりユナイテッド・フルーツによって所有されていた。  アルベンスが企てたのは、このような土地の少数独占を打ちこわし、農民に土地をあたえることだった。かれはまず、政府所有の七十万エーカーの土地を農民に解放した。それだけでは足りなかった。大土地所有者から、その休閑地の五十万エーカーを買い上げることにした。  グアテマラにおけるこの土地改革は、ラテン・アメリカの歴史を通じて、もっとも革命的な出来事だった。アルベンスの採った道は、政治的な主義の如何にかかわらず、きわめて反米的なものとならざるをえなかった。なぜなら、この五十万エーカーの土地のうち、二十三万エーカーはユナイテッド・フルーツ会社のものだったからである。 ★  チェがグアテマラに入国するのは、一九五三年十二月であるが、歴史を先に進ませれば、一九五四年三月には、カラカスで開かれた米州会議は、グアテマラ政府の反対を押しきって、反共宣言を採択する。そのとき、アメリカ合衆国のある外交官は、公然と、たとえ他国《ヽヽ》による実力行使であろうとも、それが共産主義の抑圧のためならば、内政干渉にはならない、と放言した。  この露骨な言葉が、どこの国に対して向けられたものかは、あまりにも明白だった。ユナイテッド・フルーツ会社の大株主は、時の国務長官ジョン・フォスター・ダレスであり、CIAの長官は、その弟のアレン・ダレスだった。ユナイテッド・フルーツは、土地と鉄道をもち、グアテマラだけではなく、中米の産業経済を支配する巨人だった。この巨人に対して戦いを挑んだものは、中南米のいかなる国にもいなかった。アルベンスは、その最初の挑戦者であり、立ち上がりざまにかれは、そのしたたかな一撃を巨人のボディに加えたわけだった。  そんなわけで、巨人がいかなる反撃をみせるかが、一九五三年当時のラテン・アメリカ最大の話題だった。  チェは、じゅうぶんにその情勢をわきまえていた。それだからこそ、かれは、ロホの言葉に動かされたわけである。 「よし、グアテマラに行ってみよう」  とかれはいった。  チェはすぐにグラナドスあてに手紙を書いた。文面は、「親愛なる友よ、ぼくはグアテマラに行く。あとでまた手紙を書く」という簡単なものだった。  こうしてエクアドルからかれらを出発させたのは、ロホの友人が手に入れてくれたユナイテッド・フルーツの無料乗船券であり、このアメリカ資本主義の象徴が、チェをラテン・アメリカの嵐のなかへ連れて行ったことは、歴史のいたずらというものであるだろう。  切符はパナマ行きだった。ただし、一度には乗れず、まずロホが出発し、ついでつぎの便でチェが出発することになった。ふたりはパナマで再会することを約束し、ロホは十月九日にグアヤキル港を一足先に出た。  そこから先は、ロホの話と、チェの最初の妻であるイルダ・ガデアの話とでは、喰違いがみられる。 ★  まず、ガデアの説明—— 「チェの話では、エクアドルにいるとき、かれはホルヘ・イカサと友だちになったそうです。イカサは、チェに自分の書いた本を見せました。それはエクアドル・インディオの生活を扱ったものです。その後かれはパナマに行き、そこで経済的な困難に陥りました。かれは出発するための切符を買えなかったし、書物の一部を売り、残りを保証のために置いて行かなければなりませんでした。  かれはいくつかの文章を書きました。そのなかには、前に訪れたことのあるマチュピチュに関するものも含まれていました。ペルーのインカの遺跡に関するこの文章は、パナマの雑誌に発表されました。
表示ラベル: