プラダ 長財布 定価
null
斬新 デザイン 七部袖 ダウン コート ジャケット ファー付 レディース S / 9号 【山根屋】
__14,98000
斬新 デザイン 七部袖 ダウン コート ジャケット ファー付 レディース S / 9号 【山根屋】 
マークバイマークジェイコブス オールカーフ 二つ折り長財布 M0004539 MARC BY MARC JACOBS 正規品 並行輸入品
__24,78000
マークバイマークジェイコブス オールカーフ 二つ折り長財布 M0004539 MARC BY MARC JACOBS 正規品 並行輸入品 
null いつもそうなのだ。怒ったあとで、いつもわたしは反省するのだ。  画家はちょっと微笑んだあと、またカンバスの向こうに顔を隠してしまった。そして、また、せっせと絵筆を動かし始めた。  その人の怒っている顔を見たことはなかったし、声を荒立てたのを聞いたこともなかった。だけど、もしかしたら、今は怒っているのかもしれない。  わたしはさらに反省した。それから、少し心細くなった。  大人がわたしを不愉快に思ったり、わたしに怒ったりするのは平気だった。わたしは大人が好きじゃなかったし、大人から何を思われてもかまわなかった。けれど……その人とだけは仲良くしていたかった。その人だけは、わたしの味方でいてほしかった。  しばらく沈黙があった。それは本当に嫌な……息苦しくなるような沈黙だった。  もう1度、ちゃんと謝ろう。そして、ちゃんと許してもらおう。  そう思ったわたしが口を開きかけた時、カンバスの向こうで、「鈴木さん」と、その人がわたしを呼んだ。 「はい。あの……何でしょう?」  わたしは緊張した。もしかしたら、その人がわたしに、そんなに嫌ならもう来なくていいよ、と言うかもしれないと思ったのだ。 「ゴールデンウィークに1日だけ仕事をやめて……あの……一緒にどこかに行かないかい?」 「えっ? どういうことですか?」 「だから……ゴールデンウィークに1日だけ……ここで絵を描いていることにして……君のお母さんや角田さんには内緒で……ふたりでどこかに遊びに行ったらどうかなと思って……」  わたしは泣きそうになった。  そうなのだ。この人はわたしに同情してくれているのだ。ゴールデンウィークなのに、どこにも連れて行ってもらえないわたしを可哀想に思って、それで、ママの代わりに自分が、わたしをどこかに連れて行ってくれようとしているのだ。 「あの……鈴木さん……どこか行きたいところはある?」  その人が訊き、わたしはとっさに「動物園」と答えた。そして、泣きそうになっている顔を隠すために、窓の向こうの海を見つめた。  湘南の海は、その日も眩《まぶ》しいくらいに輝いていた。打ち寄せる波のあいだでは、サーファーたちが浮かんだり沈んだりしていた。