財布メンズ人気公式ページのURL_プラダ 長財布 新作 ブランド財布メンズ人気_財布メンズ人気いくら Украине


2015-01-30 09:31    財布メンズ人気
 香澄《かすみ》が低い声で続ける。その瞳《ひとみ》が、真剣《しんけん》に怒っていた。どうやら、本人も気にしていたらしい。そう思うと余計におかしくなったが、ここで笑うとスクリーミング・フィストが飛んできそうだったので、恭介《きようすけ》は必死で笑いをこらえる。 「もう……あなたって本っ当に失礼な人ねっ!!」  香澄は、普段と変わらぬ冷徹《れいてつ》な口調で言った。だが、その態度は明らかにへそを曲げた女の子のものだ。  恭介は、これ以上彼女を怒らせないように話題を変える。 「これで……とりあえず事件は解決したのか?」  何気なく聞いた恭介の言葉に、香澄はびくっと背中を震《ふる》わせた。  その反応に恭介のほうが驚《おどろ》く。香澄はすでに、いつもの真剣《しんけん》な表情に戻《もど》っていた。 「残念だけど……そうではないわ。とりあえずR2ウィルスの感染経路を絶ったというだけ」 「え? でも志津《しづ》さんが犯人だったんじゃないのか? だから、俺《おれ》たちは……」 「違うのよ。たしかに彼女はレベリオンだった。だけど、違うの」 「だから何がだよ?」  恭介には香澄の言っていることが、まったく理解できなかった。  香澄がいらいらしたように続ける。 「だから違うのよ。彼女は犯人じゃないの。彼女が直接手を下したわけじゃなかったの」 「なんだって? じゃあ、まさか……綾《あや》が?」 「違う。あたしたちは、考え違いをしていたのよ。高校生たちを殺したのは、江崎《えざき》志津ではなかった……レベリオンは……」  香澄が言葉を切った。  その瞬間《しゆんかん》、恭介の背中を強烈《きようれつ》な悪寒《おかん》が走り抜けた。