ファッションファッション小物マフラーアウ トレット価格のいくら_ミュウミュウ財布リボンピンク|どうやって買うファッションファッション小物マフラーアウ トレット,ファッションファッション小物マフラーアウ トレットブランド専売 Украине


2015-01-30 09:21    ファッションファッション小物マフラーアウ トレット
 夕食のあと、夏希は話しかけた。 「銀子さんっていう女性、知ってる?」  夏希は思いきって、雅彦にきいた。 「銀子……? 誰のことだい」  雅彦は夕刊を拡げたまま、声だけで応じた。 「お友達に、そういう名前の人、いらっしゃるんじゃないの」 「いいや。いないよ」 「変ね、ミモザ館の銀子って、名のってたけど」 「どういうことだい。藪から棒に」  雅彦はようやく夕刊を傍らに置いて、顔をむけてきた。  その顔にはどこにも、あわてたところや、秘密を隠しているようなところが窺えない。  夏希は昼間、かかってきた電話のことを話した。すると雅彦は、まったくそういう女には心当たりがない、と言下に否定したのであった。 「でも、あなたが持ってゆく薔薇のことを、思わせぶりに話していたわ。自分の部屋に飾っているとかいって……」 「それは、出まかせのいやがらせさ。いい加減な言いがかりに惑わされて、どうする」 「でも、黄薔薇のこと、どうして知ってたのかしら。あなたが、ピースの切り花を会社に持ってゆくってことをよ」 「会社には、いろんな人間が出入りする。会社の女の子なら、みんな知っていることだよ。小耳にはさんだことでも、利用しようと思えば、どうにでもいやがらせに利用できることじゃないか」  雅彦はそう言いすてて立ちあがり、風呂は沸いてるか、ときいた。 「沸いてます。——でもその女、ピースの名前まで知っているなんて、変よ」