どこが買いヴィトン マヒナ 長財布安い_louis vuittonエピジッピーウォレットm60072ノワール ヴィトン マヒナ 長財布のブランドの割引の旗艦店|ネット上で買ってヴィトン マヒナ 長財布優先サイト Украине


2015-01-24 13:42    ヴィトン マヒナ 長財布
 ミラノの市門を出て、すでに数刻が経っていた。  白く朝靄に霞む峠道である。残雪を頂く山々を遠くにながめながら、ルドヴィコたちを乗せた軍馬の一群は、緩やかな峠道を軽快に進んでいく。  供として連れている騎士は十数名。小勢だが、いずれ劣らぬ屈強な護衛兵たちばかりなので、それなりに目立つ。ルドヴィコはいつもと同じ、酔狂な黒ずくめの出立《いでた》ちなので尚更だ。  精強な軍隊を備えたミラノの領内の治安は悪くない。だが市外に出るとなると、いかにルドヴィコが剛胆でも護衛なしというわけにはいかない。どうしても騎馬隊の一部隊を引き連れた大仰な集団になってしまう。公式の行事ではないのだから、それでも少ないほうなのだ。  幸いなのは、同行している芸術家が、その程度のことで物怖《ものお》じするような殊勝な人間ではないということだった。レオナルドの乗馬の腕は、ほかの騎士たちと比べても遜色ない。危なげのない手綱《たづな》さばきで、ルドヴィコの隣にぴたりとつけてくる。 「彼女がアッラマーニの屋敷を訪れていたのは、そのような経緯があったわけか」  つぶやくレオナルドは、苦笑しているようでもある。 「そうだ」  同じように苦い顔でルドヴィコが言った。  チェチリアは俗信を信じない娘であるが、それは逆に言えば、割り切れないことを割り切れないままにしておくことができない性分ということでもある。聖遺物の奇跡という餌を目の前にちらつかされて、彼女がおとなしくしているはずもなかった。とはいえ彼女も、まさかその奇跡によって死者が出るとは予想しなかったに違いない。 「しかし驚いたな、レオナルド。貴様どこで馬の扱いを覚えたのだ?」  ルドヴィコは短く息を吐いて、話題を変えた。 「馬?」  振り返りもせずにレオナルドが言う。革製の短衣に外套をまとっただけの、あっさりとした旅装である。鎧などはもちろんつけていない。ミラノ近辺ではあまり見慣れない険しい峠道を進み続けているというのに、その顔に疲労の色はない。 「気性の荒い軍馬をそこまで自在に乗りこなすとは、工房にこもりがちの繊細な芸術家らしくもないではないか」  今度は幾分のからかいをこめて、ルドヴィコは言う。 「そうでもないさ」  レオナルドは表情を動かさず、冷淡な笑みを浮かべて首を振った。