ルイヴィトンダミエアズール財布コピー
null
nullそれは意識変性の起こる、さらなる以前の物語だ。 七香「ごめんね、太一」 どうして、彼女が? 彼女とは、ループ開始と同時に会った。 どうして古い記憶に、いる? だって俺は記憶を失ってなどいな爆発——— 七香「太一、君の名前だよ。ごめんね……あたしが、計画性のない子だから。パパのこと、好きになっちゃったから……必死に生きてたからさ、パパ。短い人生ってわかってて、必死に……そんでね。あたしも、長くないんだって。ごめんね……太一はこれから、いっぱい苦労すると思う。あたしも、もういないパパも、味方になってあげられないんだ。でもね。愛してるよ、太一。すごく、すごく愛してる。生んで良かったって、思う。もし生まれ変われたら、もう一度生んであげたいってくらいだよ。そんくらい、愛してるんだ。ごめんね……それだけしか残してあげられなくて……」 太一「————————————」 泣いている。 俺が、泣いている。 滂沱と。 痛むほど、涙腺を搾り続けて。 これは。 生まれた時の、記憶。 俺が、生まれた、時の、記憶なんだ。 記憶していた。 人は、そんなことまで覚えていることができる。 七香「ごめんね……それだけしか残してあげられなくて……ごめんね……それだけしか残してあげられなくて……ごめんね……それだけしか残してあげられなくて……」