收藏

ビトン草間弥生編集

「そっ、それとも、あれっすか、今夜は帰らせないってやつっすか。 住宅街をぬけて、出た大通りはまるで記憶にない場所だった。 王もそうご認識されていると理解いたしておりますが」 「機械の手配はさせておく。 この二人の牧師のいるロスアンゼルスまでが和子には長かった。ええな」 と、さとの頭をなでた。 その後、この姉らしさはたびたび感ずるようになった。 時間にして約五秒。レジネイション……」 「ああ、禅ね……諦観《ていかん》っていうな。
翡翠はベッドから離れたところで、なにかの彫像のように立ち尽くしている。 『なにがあっても、手放す気はありませんか? だが、びっこの男も、それに対する用意をしていた。」 「ドレイク軍と言っても、モロいじゃねぇか!「ガシャン」ね一七九五年、オランダとフランスが戦っていたとき、オランダ海軍の艦隊は北洋で氷に閉ざされてしまった。我不累, 楚凡目光一寒。固い本を読む暇はなかったもんですから」 「じゃ、これは何だね?気やすく自分を外すことはできないはずだ。
直子が浮気をしていた形跡がある、という口実を彼は思いついたのだ。推測の当否は別にしても、マキがその方面の男と何らかの交渉を持っていると考えないほうが|迂《う》|闊《かつ》だ。 部屋は最初から城館の主人のために造られたものらしく、ほかの客室に比べてかなり広い。 「物語が書かれたのはたぶん二十世紀に入ってからで、舞台のモデルもそれ以降の欧米の市街地だと思います」 「なんで分かるんですか?中に入ろうとしてはすぐに外に出てベンチに座ったり、傭いてあたりを往復したりと、あやしい行動を繰り返している。それに、小野氏というのは、ご存知のように古代祭祀の家系だんす。 あれ? 「水力、火力、地熱、波浪と発電の仕方はいろいろありますが、大量の安定した電力を確保することはできません。がんばって這い上ってみたって十中九分九厘までやっぱり死ぬのだとしたら、このまま蔓にぶら下って舐められるだけの蜜を舐めていた方がラクチンだ、と。ほらっ、今、人が通った!
今までロスボの徴税隊が、こんな山近くまで来たことはなかったのに」 「徴税隊……」 「自分たちでそう言っているのです。筺から中身を抜き、例のサインが入った表紙の見返しを見せる。 ——高志はいいなぁ。 棒を立てて測量するの」 「ああ、あれね」 平田は自分の脚に顔を押しつけて泣いている伸一をみおろした。……それは、たしかにまだ間がある。だが、やがて彼はため息をひとつついて、 「——君は、鋭いね」 と、あきらめたような口調で言った。乗り手を失ったオートバイは街路に横倒しになり、車輪だけが街燈を跳ね返して生き物のように回転している。浅木屋敷は、十五年ほど前、丸海藩で代々の重臣を輩出してきた浅木家で不可解な病が流行り、家人がばたばたと倒れては寝付いてしまったとき、当時の浅木家当主で家老職を勤めていた浅木尚久が、原因のわからないこの病をお城と城下町から遠ざけようと、特に願い出て普請した療養用の屋敷なのだった。「———————」 さっき、俺は死が救いになる事がある、と弓塚にナイフを向けた我々は自分にしか興味がないから、自分に利益をもたらす情報《じじつ》しか拾わない。節子は細い声を洩らしながら、片柳のトランクスの下に手をさし入れてきた。
子ネコがびっくりして、カバンから顔を出しています エヴァは主治医のモレル教授を呼んだ。そんな大事な形見の品をなくしたと分かれば、滞在を延ばしてでも探しまわるような気がした。 「ああさすがに呉は南方の強国だ。 ……束の間。小さなバッグを胸もとで持った鳥飼圭子が、無言で寄り添ってきて、犬塚昇の空いているほうの腕に腕を絡ませてきた。間違わないで貰いたいね」 要するに周二たちは、工員から彼らの勤務ぶりを調査するスパイのように思われていることは明らかで、周二は日に四回の巡回に出てゆくのが心苦しく足が重かった。被告側花形証人カズンズの人格に傷をつけようというのが、検察側の唯一の反対尋問における目的であったのだ。 「�ユア・ソング�」と宏美は口の中で言った。 今ではカンバスの向こうから画家が顔を出し、わたしの裸の体に視線を送っても最初の頃のように体が震えるということはなくなっていた。
宇佐見は常盤台の、生駒のマンションの近くに停めた車の中にいた。 野々山はアパートの前の道で足を停めたまま、思案した。いよいよ、海と契約をむすぶ儀式の始まりである。 復活祭が近いからな。その事実の証《あかし》のようなピンク色に染まった羽が怖かった。 「では……」 騎士が退出し、クワッサマが、居室づきの侍従長に、パットフットを預ける。 前刑を了えたのが昭和五十四年で、それからも私は、湘南地方の古い友人に会うたびに、鎌倉のお春のことを訊くのですが、誰も知る者がいません。松本管理人もやっと気がついたように壁際のスイッチをひねったが、そのとたん小田切夫人の口をついて出たのは、 「ヒーッ!」 「ふ、ふざけてないよ。でも、あのとき誰かがいったでしょ。
今日も残したと報告が来たわよ」とお小言に繋げられてしまった。 「偏った考え方だよ。あの男がカゲヌシを呼ぼうとしたこと、蔵前もとっさにアブサロムを呼んだことは憶《おぼ》えている。途中から篠川さんが本を括る役、俺がライトバンまで運ぶ役に分かれた。 「なにか?身長が三十センチだとバカなっ……写真があるビデオはないのか……フンフィルムの状態それでもいいまず、それを見せろそれまでは……いや、小さいものならば、隠してもってこれるのではないか……もってこれないなんでだ」 さすがに、そのやりとりに、その場にいあわせた人びとは、弁当をひらくのもわすれて、おたがいに顔を見合わせた 「……そのチビが、わがままジョクのいうことしかきかない……ああ、わかっているそうか、チビでも人間だというのだなよし、フィルムをすぐに取りにいかせる杉並の研究室からなら、そこまでは、時間はかかるまいそれを研究室で現像させて、プリントをこちらにまわさせろいいな……わかっているおおやけにするまでは、用心させるよ」 富房は、その人の手配を専務にまかせると、ようやく、テーブルについて、重役会議に似合わない質素な弁当をひらいた 役員たちも、富房にならいながら、口々に電話の内容について、ききただした 「ああ、富房ともうします。 母はたまたま例の制札、若《も》シ之《これ》ヲ犯シタル者ハ国法ニ依リ処罰セラルベシと記した制札のかたわらに立っていた。 二十円の、自慢のかきもちなんか、帰りにおみやげに買っていくひとも多い。
表示ラベル: