louis vuittonルイヴィトンm93522
null
null だって、そうじゃないと————」  あらゆる事で、辻褄が、あってしまう。 「……わたしも初めは遠野くんを疑っていました。けれど接していくうちに、遠野くんではないって思ったんです。  けど、それはわたしの身勝手な願望かもしれなかった。だから、今夜のことはわたしにとっても賭けだった。  貴方がためらわずにわたしを殺そうとするのなら、遠野くんが吸血鬼なんだって認めるしかなかった。……けど、やっぱり遠野くんは違ってくれました」 「———違う。さっきのは、その———」 「遠野くん。遠野家の血族はその全員が『人でない者』の血が混ざっています。中にはまったく害のない者もいたようですが、そういった者は一代に一人ほどしかいないという話です。  過去に遡れば、遠野の血族の中で人の血を吸う者も少なくはありません。  けど、遠野くんは人の血を吸う意思もなければその必要もない。なら———」 「そんなの———先輩に解るもんか」 「……遠野くん。遠野の家には吸血鬼が生まれる可能性があるんです。けど貴方がそうでないのなら、もう————」 「———————っ」  違う、と必死に首をふった。