louis vuittonルイヴィトン草間彌生yayoi kusamaモノグラムジッピーウォレットラウンドファスナー長財布水玉ドット黄ジョーヌm60449
null
null太一「そしてヤツは襲いかかってきた。実は俺には、ヤツを受け入れかねないホールに、一つばかし心当たりがあったのだ(大人のジョーク)」 美希「うをーーーーーーーっ!」 霧「そ、それって……」 楽しそうだなオイ。 太一「で、我が貞操を守るため、俺は平手を繰り出した。それがヤツの耳に当たって……まあちょっと怪我をさせてしまったのだ」 美希「ああ、それでちょっと耳が……」 太一「あとで父親と一緒に謝罪しにきた。なにしろレイプ未遂だからな。まあこっちの責任は問われなかったよ。もともと人の話を聞かないヤツだが、さらに磨きがかかったらしい。で、桜庭が病院に運ばれて……その場はそれですんだんだけど。進学したら、クライメイトにヤツがいた……」 霧「追いかけてきた?」 太一「たぶん……」 美希「で、二人はその後?」 太一「何もない! というか、ヤツも別に俺の全角アスタリスクをどうこうする気はないらしい」 ※全角アスタリスク=『*』←コレ 美希「プラトニック・ラ……」 太一「言うな」 頭を抱える。 太一「正直、複雑以外のどんな感情もない」