收藏

louis vuittonルイヴィトンモノグラムヴェルニドットインフィニティジッピーウォレット長財布ジョーヌm91571編集

「そう……」 「実は、ここ数日、環境事業部の方に日参したんですがね。会っていただけなかったんです。どうしてでしょうかね?」 「さぁ、僕にはわからんな。部長はずっと自室にこもりきりだった」 「そのことは聞きました。顔色が悪かったそうですね。ご病気だったんですか?」 「誰が、そんなことを?」 「総務の高見係長から聞きましたけど」 「高見か。あの、おしゃべりめ」  中村は舌打ちした。 「私が広報だから、特別に教えてくれたんですよ。実際、ご病気だったんですか?」 「確かに、お疲れの様子だったけどね。あれが病気だと言うなら、うちの部員は全員、緊急入院しなければならないだろうな」 「なるほど。すると、秋月とかいう料亭の、ナニの件でしょうかね?」  と尋ねると、中村は横目でジロリと加納を見て、 「さっきから、根掘り葉掘りと……。君は一体、何の権利があって、そんなことを聞くんだ?」 「権利なんて、そんなご大層なものじゃありませんよ。仕事の都合と思って下さい」 「仕事だと?」 「はい。マスコミの取材申し入れに対して、皆さんのご都合を伺って、調整するのが私の役目なんですけど、ただ機械的に取り次いでいるわけじゃありません。場所や日時のセッティングをする前に、記事になっては社の不利益になるようなことを避け、イメージアップになるよう工夫しているわけですよ」 「だが、それと三島部長のプライベートとは関係ないんじゃないのか? 病気とか、交友関係は純然たる個人の問題だ」 「いいえ、個人的問題にも、いろいろありましてね。中には、週刊誌が興味を抱くような個人的問題もあります。それが私の心配の種なんですよ」
表示ラベル: