ルイヴィトンタイガボストンバッグ
null
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONエランガ アン ポッシュ ボストンバッグ タイガ エピセアM30104(BF061795)[中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONエランガ アン ポッシュ ボストンバッグ タイガ エピセアM30104(BF061795)[中古] 
null 傍らの忠興は、既に床から身を起こしていた。 「殿、殿!」  ふすまの開く音が聞こえ、次の間に河喜多石見の声がした。 「何だ」 「大殿が火急のお召しにござります」 「何? 父上が」 「は、表書院にお待ちになって居られます」  平生は八幡城にいる藤孝が、忠興出陣と聞いて、昨日からこの大窪城に泊まっている。 「すぐ伺うと言え」 「かしこまりました」  再び廊下を走る足音を聞きながら、忠興は玉子の灯《とも》した灯りをじっとみつめた。 「何事でござりましょう」  玉子がさし出した着更えに、忠興は吾に返って、きびきびと無言で身につけた。 「何事でござりましょう」  再びいう玉子に、 「うむ……何事であろう。ま、何事であろうとも、お玉は案ぜぬがよい」  忠興の、その寝足らぬ血走った眼が、静かに笑った。  うす暗い廊下を急ぎながら、忠興は奥歯をぎりぎりと噛みしめていた。